風を感じて歩こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 笠ヶ岳を日帰りで♪

<<   作成日時 : 2005/09/10 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6


思い起こせば3年前、西穂高岳に登ったときから笠ヶ岳が気になっていた。
どっしりとした山容、鋭さを感じる稜線、、かっこよかった。
いつか登ろう、今度登ろうと思ったがなかなかチャンスがないまま思いが屈折(^^;)、いつしか「ただの登り方では満足できな」くなってしまった。会のベテランさんの山行レポに倣い、日帰りでチャレンジしてみた。

[日程]9月10日(土)前夜発日帰り
[行程]4:32新穂高BT〜5:30笠ヶ岳登山口〜7:52杓子平〜稜線8:49〜笠ヶ岳山荘9:32
    11:00山荘発〜稜線分岐11:53〜笠ヶ岳分岐14:00〜新穂高BT14:50
[参加]単独

 ひさかたぶりに単行。けっこうな雨の中、東海北陸道をひた走る。どうなるんだこの天気と不安に思いつつひるがの高原SAで仮眠。ETCの深夜割引きが適用になる午前0時に再び発進して高速を降り新穂高の無料駐車場へ。1:30駐車場は半分も埋まっていなかった。空に満天の星を見て安心し、2度目の仮眠を取る。
 3:30起床。身ごしらえをし4:17出発。バス停でトイレをすませ4:32に再スタート。辺りは暗いのでヘッ電点灯で佐俣新道をてくてく。5時過ぎには消す。
5:32笠ヶ岳登山道前。ここには水場があるが夏場にはよく涸れるらしい。この日はチョロチョロと流れている。先着していた中年女性2人組は一体何時発?少し話すうち驚くなかれ笠新道を降りてきた男性が1名。「(笠ヶ岳)山荘から4時間半で来た」という彼は全行程をヘッ電つけて歩いたんかー。
ビックリしたのはもちろんだが、4時間半で歩ける行程と聞いて少し気が楽になった。

 さていよいよ噂の急登、笠新道に挑む。石や木の根ゴロゴロの道を、ペースを一定に保ち
サクサク歩く。今日は日帰り前提なのでドリンク1.3L等々と切りつめた軽装。足取りは軽い。
微風曇天、気温は16度くらいとコンディションはベストに近い。
 1900m、2100m、2200m、、、立て看板が標高を知らせてくれるのが心強い。ふり返れば槍穂高の雄峰が連なるハズなのだがあいにく上の方はガスが深く眺望は楽しめないのでただただ歩く。
30分歩いては3分休むペースで順調に高度を稼ぎ7:32杓子平に到着。コースタイムの半分程度で歩いたことになる。いっときガスが晴れこの眺めは勇壮!黄色く色づいたコバイケイソウの葉が花畑のように広がっているのもキレイだ。この辺りから先、山荘に昨夜泊まったと思われる山行者とすれ違いが多くなる。その疲れた表情からしてまだまだ先の道のりは長そうだ。4時半に新穂高を出たというと一様に驚かれるので、どうやら僕のペースはかなり速いらしい。
 稜線に出た頃から、霧が次第に晴れ始めた。遠望はまだ望めないが行き先だけでも視界が開けるようで風もそよそよと肌に心地いい。道が明確に出来ており、快適な稜線を歩く、歩く、歩く、、、
長いわっっ!(-_-メ) 
 さすがに足が粘って疲れが濃くなってきた時、眼前の岩に白ペンキで「ガンバ!」の文字。
さらに「小屋モウスグ」「ガンバレ!」の文字に思わず顔がほころぶ。これを書いた人、あんたはエライ!おかげで最後の力をもらいラストファイト!!9;32山荘の屋根が見える♪到着!

 山荘のスタッフはお客さんを送り出し終わって、ちょうど小屋前でスイカを食べつつ談笑中。
まさか「欲しい」とは言い出しかねホットココア400円ナリをオーダーしほっと一息。行動食のバームクーヘンを食べたらいよいよ眼前の山頂に登る。おっとその前にビールをひと缶(550円)。
(参考までにお水1Lが300円、お茶1Lは400円する。)
 山頂。雲がみるみるはれていく。最高のタイミングに来合わせたらしい。秋っぽいさわやかな空が広がっている。思いの外広さのある山頂を一人占めしてビールをプシュッ!ごくごくごくくー・・・
うまぁ!いっ♪ ゴキゲンな時間をしばし楽しむ。
クリヤの頭側から単行の男性、続いて3人組が登ってきた。槍見館から5時間とは揃って健脚。
(後日談:この「3人組」が実はかの有名な山ブロガー、しげぞうさんとダンナ、パッシーさんだっ たと後で判明。知らずにお3人さんの山頂写真シャッター役を買って出たりしてたσ(^_^;))

しかも単行の男性は山頂滞在わずか10分少しでまた来た道を戻っていった。タフー!
 ビールも空いたのでGPSの電池を入れ替え下山に移る(この時、替え電池を入れたゴアテックスの小袋を置き忘れた、痛恨)。11時山荘を出る。尾を引くように登山者が山荘に向かって歩いてくるのが見える。混まないうちに帰途につけるとは幸運だ。「頑張ってくださいー、もう少しですよー」なんちってね。
稜線分岐には「山荘まで1時間10分、新穂高まで4時間」と書いてあった。足場は比較的しっかりした岩ゴロ道なのでドタドタ下る。槍穂の稜線はまだ雲をかぶっているままだった。残念。
あり?登山口に着いちゃった。14時とは我ながら早い。新穂高に戻ると往きには気づかなかったが橋のたもとに温泉かけながしの足湯がある。気持ちいぃーと10分くらいくつろいでしまった。ああ下界に帰ってきた♪
この後はお決まりの「ひらゆの森」に入湯し足をよくマッサージ。
高山市内にあるお気に入り和菓子屋「とらや」にはもう秋の味覚栗きんとんが並んでいた。
これは毎年必ずGETなのだ(^^)b 濃厚な栗の味がたまらん〜♪
ここからまた独り運転の長い道。たいした渋滞もなくスムーズな道のりだった。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
笠ヶ岳(かさがだけ)
聖・光が充実感アリ過ぎで、だいぶ気が抜けてしまったしげぞうです。 今年はもうええわ〜みたいな(笑)。 この気持ち、何日続くのやら・・・。 ...続きを見る
しげぞうの山登り日記
2005/11/05 22:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいっすねー、笠ケ岳日帰りとは…
しかも翌日に六甲縦走の練習???
更にペースメーカーまで務めたとは!
会で重要な存在になってるのがひしひしと
伝わりますな〜。
ukky
2005/09/14 01:24
ukkyさんどもども。
いやー、少し調子に乗りすぎでした。体壊さないよう自重せんと。
別に僕がいないでも話は前に進むんですけどねー、万事成り行きで。
来週は縦走ですってね?こちらもテント担いで白峰三山です。
天気よさそうですよね。お互い楽しみましょう!
shin
2005/09/14 09:15
shinさん、再コメントありがとうございました!
…っていうか、あのとき山頂で御世話になった方がshinさんだったなんて!!
ビックリです!!!日付を直してTBさせていただきました♪
ブログやってて、「しげぞうさん、見かけましたよ」くらいのニアミスは一度だけありましたが、言葉を交わして写真まで撮っていただいた方がブログに登場したのはshinさんが初めてです。本当にこんなこともあるんですね!その節は、本当に御世話になりました<(_ _)>
shinさんは関西にいらっしゃるんですか?私たち夫婦は関西出身(兵庫・大阪)なんですよ!六甲山全山縦走は今月でしたっけ?私は出たことはありませんが、母は全山縦走の経験があると言っていました。頑張ってくださいね☆
しげぞう
2005/11/05 22:29
しげぞうさん、コメント&TBありがとうございます。
これを機によろしくお願いします。
僕は大阪在です。しげぞうさんは関西出身?今は関東ですよね?西へ東への出没ぶり、見習わねばです。
六甲全山縦走、13日(日)なんです。またこのblogでもレポすることになります。よかったら見てくださいね(^-^)/
shin
2005/11/06 15:16
いや〜shinさん
楽しそうな遊びしてますねぇ
北海道はもう冬山装備での登山です。11月にはいるとボクも少し体が空くので、冬山トレーニングに出かける予定です。1年ぶりに冬用テントを引っ張り出してニヤニヤしてます
floatingleaf
URL
2006/10/18 18:58
>floatingleafさん
11月の北海道はバリバリ冬装備でしょうか?それにしてもカヌーだけでなく山も本格的なんですね。すっげー!!
またレポ読みに伺いますね。
shin
2006/10/19 00:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
笠ヶ岳を日帰りで♪ 風を感じて歩こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる