風を感じて歩こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 無風蒼天♪十石山

<<   作成日時 : 2006/03/28 01:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像


同人の山行。昨年リベンジに燃える先輩の声かけで乗鞍山系の十石山に行ってきました。天気予報通り雲一つ無い無風快晴!年に何度あるだろうかという最高のコンディションと360度の展望を満喫しました。
しかし下りは暗転。湿気の多いモナカ雪と枝の張った樹林帯に転倒しまくりの悪戦苦闘でしたぁ。


【日程】2006年3月25日(土)前夜発
【行き先】十石山(乗鞍山系。 1/25000地形図「梓湖」「焼岳」)
【行程】白骨温泉スーパー林道料金所7:30〜11:30十石山山頂12:30〜林道料金所14:30
【参加】4人

この日の天気予報は24時間晴れマーク。前後の天候をみても最高の日程だった。
さぞ入山者は多かろうと大阪から一気に白骨温泉に走り、駐車場の隅にテントを張って3時間ほどの仮眠を取る。翌朝は6時起床、行動開始は7時。
長時間行動を覚悟して行動食は多めにし、
アイゼンピッケルはおそらく要るまいと置いていく。クトーはお守りで一応持つ。
駐車場出発は7:15。気温は-6度。だがどうせすぐ暑くなるに違いない。

温泉街の上部、白山スーパー林道の料金所脇には車が3台。意外と少ないね。
料金所を越えたとこからちょうどシール歩行が可能になった。さあ行くでぇー!
画像

つづらのカーブを3つ4つ曲がったあたりで林道を外れ、ちょい登りのあといやらしいトラバースをひとつこなす。ここからが本日イチバンの急登だ。
前方に2人、山スキーの先行者。
いいトレース跡がついている。
が、ちょっと意地張って直登気味に自分のトレースを書いてみる、、、、バテた。
あえぎあえぎ登る。みるみる高度計の数字があがる。
画像


画像

雪はよいのでシールはよく効く。僕的にはこういう体力勝負のバカ登りは大好きだ。
1800m辺りまでくると一転して台地上に。

画像

ダケカンバの大樹の下で大休止を取り、行動食を口にする。
ここからここからしばし、平地といってよいほどの樹林帯の移動。

やがて再び、徐々に斜度が出てくる。
木が多いので小回りにターンを切る。
画像
先行トレースは無駄が無く絶妙なコース取りだ。我を張ってもしんどいだけなので有難く辿らせていただく。あとでお礼を言わねば。
スキーを履いて足首程度の沈み具合。脱いで休むと膝までずぶずぶずぶ。下りのことを考えるとあまりいい雪質ではない。
画像


空気は澄んで爽やか。陽射しはもう春だが日陰にいると汗はすぐ冷える。
空が、青い。
振り返れば遠く南アの山影が望める。

森林限界が近くなった。乗鞍岳の山頂が遮るもの無く目に入る。
ちょうど去年のこの週、乗鞍に登った日も今日のように快晴だったな。
あそこにも相方を連れて行くと約束したんだが、、、来年になるかも(^^ゞ
画像


十石の山頂稜線は青空にくっきり浮かび上がっている。
先ほど見かけた先行の2人組と、その先にもう1人単独さんがいる。
まっすぐ直登していく。あの先がきっと山頂なんだろう。
画像


森林限界。ここから山頂まではきれいなバーンが広がる。帰りが楽しみだ。

みんなここまできたらトレースを外れ、思い思いに自分の跡を刻む。楽しい♪
画像


僕も最短距離の直登ペースで登り切った。
そこには半分埋もれた十石山避難小屋があった。山頂もすぐそこ。
おお!到着だー。
画像

左に歩いては乗鞍・四ツ、猫・大崩の稜線が間近に見え。
画像

右に登っては焼・笠・穂高の頂がすべてくっきりハッキリ!!
画像

こんな方向から穂高を見れるとはね。
「最高!」「年に何度もこんな天気ないでー」「ずっと山頂にいたい〜♪」
最大級の賛辞を出し尽くした後、ビール&ランチタイム。
もちろん、先行トレースのお3方にも感謝のお礼を言った。

1時間も山頂にいてしまいました。降りねばです。
山頂直下の雪はいい具合に締まり、ターンも見事に決まる。
画像
画像


しかしそれはつかの間。
森林限界あたりから早くもモナカ雪。
外はパリッと、中はしっとり・・・ってウレシクないっつうの(-_-;)
画像

さらに降りると木々の間が密になり、小回りを強いられる。
この山の木は枝が横に長く張っていて邪魔。というか危ない。
画像



ジャンプターンのこなせる1名以外はよけてはコケ足を取られてはコケ。
ヨロヨロでした。枝にザックを引っかけて何本折ったことか。自然よスマン。
画像

最後の急斜面は、選べば疎林のルートもあり、そこそこ楽しめるんでしょうが。

体が言うことをききませんでした ○| ̄|_ 

往きにも通った嫌らしいトラバースは、降りる方向だとあまり苦にならずホッ。
無事、全員下山。降りるのに2時間も要しました。
料金所手前の道は、雪が溶け朝には見えなかったアスファルトが一部露出してました。
もうこれからは溶ける一方なのかもしれません。

この後は平湯の森まで行く予定が、アクシデント発生のため国道158号線沿いの
「坂巻温泉旅館」で入浴することに。
と偶然でしたが、ここのお湯はどうも美肌効果が優れているようです(相方の談)。
入浴料500円はやすいのではないでしょうか。

「アクシデント」の顛末については、こちら。


その夜は某所でテント泊。
食当の先輩がスゴイ量の食材を用意してくれたため、飽食の宴でした。
ああ今日もまた、雪の冷気とともに夜は更けゆく。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山に関するブログ
今まで, 仕事で山に行くことは多くても, 休みの日に山へ行こう!! と思ったこと ...続きを見る
Soils
2006/03/31 19:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
shinさん、こんばんわ。
すご〜いきれいな景色。こんな角度から見た穂高の写真、見たことないです。とっても新鮮!
坂巻温泉旅館、行ってみたい温泉です。美肌効果あるんですか?!さらに行きたい度倍増!
まゆ太
2006/03/28 20:31
>まゆ太さん

この山は無雪期でも山行記録があるようでよさげですよ。天気のいいときに是非お出かけ下さい。 
坂巻温泉は沢渡と中ノ湯の間くらいです。
「日本秘湯を守る会」にも入っているようで残念ながら宿泊料金とかはわかりませんでしたが源泉掛け流しらしいですヨ。
泊まりでゆっくり行ってみたいかな。
shin
2006/03/29 09:09
 十石山ですかなかなかいいとこ知ってますね!山スキー行きてーなぁ。
 関西の人は北ア多いですよね私の知り合いも伊丹の稲野に住んでいますが北アが好きらしい。
 坂巻温泉は女将がキレイなんですよね、その叔父さんは昔私の会社にいたのでちょこっと知ってます、内湯は湯の花が結構すごかったでしょ、以前若い娘連れて行ったら湯の花を知らずに垢だと思ったらしくて大笑いしましたよ。
 最近は、下の露天がきれいで人気らしいですよ。
そうそう!旧中の湯の露天は入りました?ずっと昔馬鹿達と7人くらいで入ったけど湯あたりしてふらふらでした。
 道路工事のとき水蒸気爆発しましたよね、あれより少し前でした。
山と俺と
2006/03/29 23:07
>山と俺とさん

そうなんですか、詳しいなあ。
実は残念ながら僕は坂巻温泉にははいれなかったんですよ。「アクシデント」のせいでね(^^; 次は是非入りたいです。湯の花の浮いているお湯っていいですよね。
中の湯もないなあ。ここも友人が泊まっておすすめだったとこなんですけどね。行きたいとこいっぱいだあ。
shin
2006/03/31 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
無風蒼天♪十石山 風を感じて歩こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる