風を感じて歩こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 剣山〜三嶺縦走

<<   作成日時 : 2006/11/05 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 17

画像


同人の山行。
8月に相方と剣に登ってのち「いつかあそこまで歩いてみたい」と漏らしていた企画がホントに実現してしまった。
日本百名山の剣山から三嶺(みうね、さんれい)までのコースタイム11時間の稜線歩き! 健脚揃いのメンツに混じり、長い一日が始まった。

[日程]2006年11月3日(金)前夜発。下山後新居浜に移動、泊。
[山域] 剣山、三嶺(徳島県つるぎ町)
[行程]見ノ越登山口6:55〜8:23剣山山頂〜9:13次郎笈〜10:05丸石〜11:03高ノ瀬〜13:02白髪避難小屋〜14:04東熊山〜14:40三嶺〜三嶺小屋15:30〜16:54平尾谷登山口〜17:25三嶺登山口駐車場
[参加]7人(伊能、パルプ、ごましお、多聞、柴門、まじょっ子、しん)

 車2台で7人。考えてみればこのメンバーで無雪期の山行は初だ。
休業中のラフォーレつるぎ山駐車場に前夜泊のテントを張ったのが午前1時過ぎ。
 このメンバーはただでは寝ない。
当然のようにテントの中でみんなビール・焼酎・ウィスキーを取り出す。
結局寝たのは3時頃。翌朝は5時半起床だもんねー。

 見ノ越で皆を降ろしていったん三嶺の登山口へ。
1台車をデポしてまた戻る。片道約20分所要。
全員揃って出発したのは6:55。
天気は快晴。残念ながら紅葉はほとんど終わってしまっている。

画像

 登るペースが各自ばらばら(^^; 出だしからとばすパルプさん。

画像

最年少のまじょっ子さん。最後まで一番元気だったかも。

登る道にはところどころ霜が降りて、笹が白く化粧している。
山頂ヒュッテの掲示板によると、10月30日に初雪が降ったそうだ。
(ヒュッテ営業は11月29日まで。)
8:23山頂。風が冷たい!!
寒くてじっとしてられないので、全員写真を撮ったらすぐ移動だ。
でも8月に来たときと違い空気が澄んで、三嶺までがよく見える。
今日の目的はあの、遙か三嶺までのワンデイ縦走。
 まだみんなヨユー。山容の美しい次郎笈のピークも踏んでいく。
ここで少し行動食を口に入れ、本来の縦走路に降り立つ。
画像

ご覧下さい。これが今日のコースです。
この、連なった稜線を、ずーっと延々歩き続けます。
中央やや右の方にあるのがゴール?の三嶺(標高1893、日本二百名山)。
剣から約17kmのアップダウンだ。


さあ。さあ。さあ!!
歩くぞーーーーー!!!!

画像


画像


快適な笹の稜線が視界の向こうまで広がってる。
パルプさん伊能さんとばすとばす。ってあれは走ってるやん(ーー;
誇張ではなく、ホントに走ってる。
あんな人たちにシルバー割引だなんて。絶対間違ってると思う。

画像


丸石のピークでは高知から来たというグループが賑やかに談笑中。
稜線に並行するスーパー林道からわりと簡単に登れるのだ。
こんな山々に、お手軽に来れるなんてうらやましいねえー。
大峰でもアルプスでもない開放感。静かさ。
四国の山が、どんどん好きになってきた♪ 
(これで、橋代がもう少し安かったらねぇぇぇ)

 ここから高ノ瀬(こうのせ)までは林間になる。
途中、丸石の避難小屋がある。

画像

ピカピカの板の間、土間付きの立派な造り。
しばらく行くとあれあれもう1軒。
今度は屋根のはがれた、朽ちた小屋跡がある。
ははあ、きっと建て直したんだね。
僕のエアリアは06年度のだけど、これに載っている小屋の位置はまだこっちの古い場所なのに違いない。
頭の中のコースタイムを修正修正っと。


いったん高度を下げてから、高ノ瀬ピークまではグッと急な登りになる。

   伊能「あれ、何分くらいで登れると思う?」
   shin「20分ってとこじゃないですか?」
   伊能「元気やなー、そりゃ無理やで。25分くらいかかるんちゃうか」

   ・・・・えっと。。
   あんまり変わらないような気がしますが(^^;(^^;

画像


いざ登り始めるとけっこうキツイ道。本日初めて岩場な登りも登場。
結局23分でヤブの中にあるピークに到達した。
 だいぶメンバーに疲れが見える。僕もふくらはぎがパンパンだ。
風邪気味をおして参加の柴門さんからは、最小限を残して装備を没収(^^;、元気なメンバーに分配して持つ。おかげでか下山時はけっこう元気が戻ってましたね。
 
画像

 さらにさらに稜線は続くよいつまでも。
正直すこし食傷してきました(−−) まだ先は長いのね。
でも、特徴のある三嶺の頂が、ずいぶん近く大きくなってきた♪

画像

 
画像

白髪山の分岐から韮生越(にろうごえ)あたりが実に辛かった。
ゼイゼイハアハア。
アミノバイタルもゴマ団子も、元気の出そうなモノを総動員で口に運んで休憩をとる。とにかく足を進めるのだぁ。
 あと2つピークを越えたらいよいよ三嶺が目前だ。もう少し、もう少し。

そして。

ついに。

画像


三嶺までのラストアタック。
これまでの道と違い、鎖場ありの急坂。
最後の試練に足が悲鳴をあげそうだが、ここは気合!
(多聞さんの足は、ホントに悲鳴を上げたらしい(^^;) )

画像


画像


画像


無事に全員、辿り着くことができました。
午後の陽射しにやや遠望は霞むものの、今日ここまで歩いた道を振り返って感無量です。いやー、、、ホントよく歩いた。
 
メンバーの山頂到着時刻にだいぶ差が出たので早く降りないと闇下のピンチ。
やはり7時出発は遅すぎましたね。反省反省。

画像


三嶺小屋への道。 草紅葉ってやつがキレイです。
最後の最後にいいご褒美をもらった気分になりました。
ここ三嶺は、守る会などの活動で自然を残し保たれているそうです。
いつまでもいたいような、あるいは別の方向の稜線までまた歩いてみたいような、そんな気持ちにさせてくれました。

  ・・・・あ、別の日にね。
     今日はもうムリムリ。もう足がパンパンですから((((^^;

三嶺からはザレザレ道、林道、またザレザレとかなり急な坂。
一気に高度が下がりますが、展望ゼロでテンションも下がります(−−)
平尾口までようやく降り、みんな座り込んでしばし休憩。
ここまで来たら闇下はもうないでしょう。この先は舗装工事中の林道。
小一時間の歩きで駐車場にたどり着けました。
17:25。そのあとじきに暗くなってしまいました。
ともあれ、歩ききれてよかった。
山としても大満足、充実の一日でした。


といって、これで終わりではありません。
このあとは新居浜に移動して、某道の駅駐車場でテント泊。
もちろん宴会です。

翌日に、つ・づ・く (^_-)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

人気blogランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
三嶺1日目
光石登山口→さおりが原→カヤハゲ→三嶺→西熊山→お亀岩(テント泊) ...続きを見る
ちかりの軟弱山旅
2006/11/07 11:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
いやー、すばらしいですね。
登山初心者にはうらやましい、
健脚ぶりで、感心しました。
ハッスルマナブ
2006/11/05 11:15
おつかれ様です。17km/dayですか!
shinさんはじめ皆様、タフすぎるうう。
剣、以前に一度だけ登ったんですが、
ガスガスでな〜んにも見えませんでしたよ。
こんなええ景色だったとは〜。
山荘でハスキー犬と遊んだのを思い出したんですが、まだおるんかな〜。
dahan
2006/11/05 12:13
三嶺、ほんと良いですね。草紅葉が綺麗ですね。私も是非行きたいと思っています。でも出張でも無いとなかなかいけません。
えいじ
2006/11/05 15:15
>ハッスルマナブさん

いらっしゃいませ、ようこそ。
健脚とはとんでもないですが、今回はしんどい中にも楽しむ余裕がありました。行けてよかったです。
お読みいただいてどうもありがとうございました。また二日目のレポも書きますので読みにお越し下さいませ〜(^^)/
shin
2006/11/05 23:20
>dahanさん
いやホント、タフなメンバーでした。いい刺激・励ましになります。
四国いいとこです。これからちょくちょく足を運びたいなとマジで思いましたよ。ただねえ、交通費が高くつくのが泣き所です。なんとかしてほしいなあ。

 ハスキーは頂上ヒュッテにいたんでしょうか?僕が行ったときは2度とも見かけませんでした、、、ねえ。
shin
2006/11/05 23:23
>えいじさん

四国のあちこちからもこの山域に人が集まってましたよ。三嶺を絡めて僕も是非また歩きに来ようと思います。
 四国にも出張の機会があるんですか?(^^;だとしたらそりゃうらやましいなー。
shin
2006/11/05 23:37
なんて気が合うんでしょう!!

て、言いますのは、私達ギリギリまで先の3連休をどちらにしようか迷ってたんですよ^^
四国とってたら絶対に逢ってましたよね
だって同じコースです(笑)
長野は、思い入れのある宿があって、子供達は、どうしてもそこがいいと言いました。
このコースは、又、行くつもりなので(勉強したし^^;)又、よ〜く見せていただきますね
お疲れ様でした。
雨飾山・北八ヶ岳も最高でしたよ
ゆうとまま
2006/11/06 15:04
健脚揃いを企画しなかったの?
http://www.blogpet.net/profile.php?id=4b750ad86a17d2040474a8aece21c140
BlogPetのひーちゃん
2006/11/06 18:30
きれいな写真!気持ちよさそうですね。
とにかくうらやましい!!
http//inakade.jp
田舎で
2006/11/07 00:49
>ゆうとままさん

あらら、ほんとニアミスが多いですね。
このくらい数があったら一度くらい会えそうな(^^;残念です。
海飾山は僕は未踏なんです。紅葉が美しいと聞いていましたが今年はいけずに残念でした。
レポ見に伺いますね。
shin
2006/11/07 11:32
>「田舎で歩こうよ」さん

こちらにもコメントありがとうございます。
また機会もあると思いますので次回こそは。
美味しいうどんをいただけることを期待しています、ヨロシクですー(^^)/
shin
2006/11/07 11:33
 こんにちは。初めてお邪魔します。
 私も4年前剣山に登ったときに三嶺までの縦走路を歩いてみたい〜、と思いましたが、車の回送などの問題で未だに実現せず。羨ましいです。
 たぶん行くとしたら、山中1泊すると思うけど、どこらへんがおすすめですか〜?(山の中で泊まるのが好きなので。。。)
 先々週末、車を回送せずに行ける三嶺周遊に行ってきました。「先の稜線」も高知側の稜線までの道もとてもいいところでしたよ〜。
http://blog.livedoor.jp/chikari/
ちかり
2006/11/07 11:40
>ちかりさん
ようこそいらっしゃいました!
ブログ拝見しました。軟弱なんてとんでもない、スゴイ活動ぶりですね。山スキーもされる用でとても参考になります。今後もちょくちょく覗かせてくださいませ。
 剣−三嶺ルートの避難小屋ですが、記事中に「丸石避難小屋」「白髪避難小屋」の写真を追加しましたので見てください。どちらも立派です。行程的には剣から白髪まで進んでしまった方が翌日が楽だと思いますよ。ご参考になれば幸いです。
僕も「先の稜線」は次の目標にします!
shin
2006/11/08 00:44
 避難小屋はどちらもしっかり使えそうですね。情報ありがとうございます。
 車の問題がついて回るけど、行ってみたいなあ。。。せめてバスがあったらいいのにな。
ちかり
2006/11/09 00:35
shinさん、こんばんわ〜
あ〜、わたしの憧れのコースだぁ・・・。
いつか歩いてみたいです。ここ。
まゆ太
2006/11/09 00:53
>ちかりさん
そういえば、剣側の見ノ越駐車場に自転車を置いて、車で三嶺に行きスタートしてる人がいました。見ノ越→三嶺駐車場はほぼずっと下り阪なんですよ。 これだと三嶺→剣縦走になりますがそういう手もあることはあるようです。 
shin
2006/11/09 12:16
>まゆ太さん

そうですかー(^^)v
僕の憧れのコースをバンバン行っちゃってるまゆ太さんに、一矢報いたってとこですかね。
ホントすごいお出かけっぷりですよね。
もう百名山何座いきました? 僕なんか今年は56座目で停滞ですよ。
shin
2006/11/09 12:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
剣山〜三嶺縦走 風を感じて歩こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる