東赤石山

同人の山行、2日目です。
この日は愛媛県の赤石山系にある東赤石山に登ってきました。

[日程]2006年11月4日(日)
[山域]東赤石山(四国、赤石山系)
[行程]筏津登山口7:18~赤石山荘分岐点8:03~8:50徒渉点~
 10:07西赤石分岐~10:25東赤石山ピーク~11:20赤石山荘~12:54赤石山荘分岐~13:38筏津登山口
[参加]7人


新居浜の道の駅マインとピア別子から県道47号でグルッと回り込み
筏津山荘の無料駐車場に車を駐める。
7時出発。今日もいい天気だ。防寒具もドリンクも少し昨日より少なめにして軽量化。
やっぱ足に疲れが残っているのは否定できない。
と言いつつ登山口へ。
画像


「のんびり歩いて4時間」ホントか?ホントだな?!

よく整備された登山道。昨日の山には皆無だった植樹林の中ほぼ平面移動がしばらく続く。
やがて、ふっと林が切れ、はるか向こうに見える稜線。
画像


・・・あれか? もしかして、あれか?
 はるか奥の方に、高度感を伴って立つ岩稜の山が見えた。
 (写真の中央にちょっと霞んで見える山ね)
 あれ、、、遠いよね。高いよね。実は・・・・今日の山もヘビー?

 整備された登山道が続く。
 水平移動、時々急な登り。またタラタラ移動。その繰り返し。
 立派な丸太橋が渡してあるところもある。
 写真の、この橋を越えたとこが赤石山荘分岐点。
画像


 この分岐を起点に、時計回りコースが赤石山荘経由のルート。
 反時計回りが直登コースという名で、山頂への最短だ。
 直登コースで登り、もう一方のコースで降りることに一決。レッツゴー。

 沢べりの涼しげなスポットにさしかかる。気持ちよさそうなのでここでも休憩。このへんは紅葉がいい感じになっている。
画像


ここから先、徐々に斜度があがってくる。メンバーの列が前後に開いてく。
 先頭は今日もパルプさん。しかしさすがにこの道は駆け足はナシですね(^^)  
空は青空。しかしここまでほぼ林間歩きのため直射日光は免れている。 逆に眺望はなし。 道に変化がないせいでエアリアの表記も実にそっけない。
2つめのポイントは「徒渉点」。

けっこういいペースで歩いていると思ったのにここまでほぼコースタイム通りだ。
あと50分で山頂直下の第3ポイントなんて無理ちゃうん?

 沢を越えたここから先は、がらっと道の風情が変わって岩ゴロ道。

画像

 植生も自然林の広葉樹にかわってきたが、その背丈が低くなり高度が上がっているのを感じる。
けっこうキツい。昨日の疲れがなければ楽しめそうないい山なんだけどな。
 
 上から2人降りてきた。今日初めて会った他のパーティ。
 ゆうべは赤石山荘に泊まったんだそうだ。20人くらい泊まっていたという。

 さらに、まだまだ登る。
 ようやく、東赤石山と赤石山荘の分岐点に到達。
 こっからはもう、赤茶けた岩肌の東赤石のピーク部が見て取れる。
画像

さあ、あと少し登るでぇ!!
本来、岩ゴロ急坂は僕の好み。あと少しで山頂ともなれば身体から力が湧いてくる。
画像

岩を登り、ハイマツの茂みをかき分けて。
到着~。結局きっちり3時間かかった。もう少し楽かと思ったが意外と疲れたよ。
僕らの他には誰もいない。貸し切り山頂だ。

360度見事に展望がある。
あれが八巻山。あのピークがたぶん西赤石山。
画像


この山系は見事な山が多いねぇ。四国侮るべからず。昨日今日で見直しましたよ。

昨日はそんな余裕もなかったが
今日は山頂ビールもしっかりキメる(^^) ンマイ♪
画像



柴門さん特製「洋梨のコンポート(赤ワイン)」は元気者のまじょっ子さんが担ぎ上げた。(写真撮るまもなく完食)

  ここで。東赤石山を登ろうとしている方にお知らせです。 
  この山の三角点(1707m)は、なんとピークの更に50m東にあります(あるそうです)。
  そのことを僕らは、赤石山荘のご主人に教えられました。
   んで、山頂表示のある偽ピークは、実は標高1715mあるんだって・・・。
  
  どんな山やねん!
  最初っから1715mで表示しとけっつうねん。もう降りてきてもたがな。

 とはいえ、登った事実は偽りではないので。
 文句なしの登頂記念写真がこれ。
画像



 で、話が後先になりましたがこれが赤石山荘とそのご主人。
画像


 素泊まり2000円、年間300人くらいの利用者ですわと語ってくれた。
 もう経営を引き継いで20年、変わらない料金でやっているそうな。
 小屋を取り壊すとしたらン百万もかかるとカラカラと笑い飛ばしてた。
 これからも頑張ってくださいね。

ここから、筏津に向けてさあ下山開始。
この道、意外にキビシイ。 細いつづら折りの急坂が続く続く。
疲れた足にはかなりこたえました。
やはり、眺望がないってのはつまらないねー。
きっと夏には花も咲いてキレイなんでしょうが。
写真もロクなのがありません。全部ボツ~
みんな言葉少なに黙々と歩き、ようやく分岐の橋が見えて「はぁーっ」。
ここまできたらもう登山口までついたも同然です。

いやーー、、疲れました疲れました。
でも、今日の山もとてもいい山でした。
山頂から見渡せた他の山にも、ぜひ登ってみたいです。
四国、侮るべからず。ちょっとファン宣言しちゃいます。
いい山って、いっぱいあるんだねえ♪


こちらもポチッと、応援よろしく!
にほんブログ村 アウトドアブログへ

人気blogランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

ちかり
2006年11月09日 22:22
 私もここに4年前の同じ連休に行きましたよ。メンバーに300名山ハンターがいるようですね(笑)。
 私たちは赤石山荘近くでテン泊したのですが、寒波が入って積雪15cmとなりむちゃくちゃ寒かったです。四国、侮るべからず、です(笑)。
 そのときは白浦に自転車デポして筏津から入ったのですが、雪で縦走を断念してshinさんとほぼ同じコースをとりました。でも、雪の八巻山通過も楽しかったです。
 車2台ならせっかくだから縦走したら良かったのに(笑)。2日連続は大変かな?
shin
2006年11月10日 00:03
>ちかりさん

縦走は、他の人にも薦められましたがさすがに疲れが残ってたので考えませんでした(^^;
というか、今回のメンバーに、翌日ハーフマラソンを控えてる人が3人もいたんで((((^^;
だから八巻も見ただけです。今度行くときはきっちり堪能してみたいですねえ。
ホントいい山でした。

この記事へのトラックバック