廃村八丁 雪山歩き

画像

雪を求めてさてどこ行こう?
京都北山の廃村八丁にてるさんpikkuさんと一緒に行ってきました。
本来ならこのへんもドカ雪地帯でその昔、大雪のため急病人が出ても医者も呼べない、という理由から廃村になったこの地。名の由来通り人っ子ひとりいない静かさですがやはり今年は雪が少ない。ツボ足でサクサク歩ける程度の雪量でした。

[日程]2007年1月28日(日)
[行程]菅原町バス停前8:07~9:07ダンノ峠~9:55四郎五郎峠~10:28廃村八町11:40~12:50 847ピーク~13:08衣懸坂~14:25菅原町バス停
[メンバー] 3人

 スノーシュー、、、要る「かも」。
 アイゼン、、、要る「かも」。
 シュリンゲやツェルト、、、いちおう雪山のたしなみだしなあ

などと詰めてたらあれあれあれ。荷物がえらく重くなってしまいました。
まだ足に馴染みきってない冬靴を履き、いざ菅原町バス停前スタート。

雪無いねえ。
しばらく歩いて尾根に乗り、谷筋を経てダンノ峠に至ります。
画像


うっすら見え隠れする夏道と案内の赤テープ、それに数日前に歩いたと思われる先行者(たぶん1名)の足跡のおかげで迷うこともなくダンノ峠に。

 暑くなったので、新登場のmarmotの上着は歩き出してものの30分でザックの中へ。
コヤツ、今シーズン中に次の出番を迎えられるんでしょうか

ダンノ峠前後あたりからは雪がやや深くなり、足裏の感触が楽しめます。
つっても足首からスネ程度。よく締まった雪質なのでツボ足で充分いけちゃう。
サクサクサク。いい感触です。
誰もいない道なのでとても静か。川の流れと僕ら3人以外には動くものもありません。
画像


画像


画像


四郎五郎峠までずっと谷筋を歩き、峠を越えたらまた下って再び谷に。
ここ以外アップダウンはほとんどなく、快調な道行き。
やがて石垣跡とピラミッド型の避難小屋が見えてきました。
廃村八丁の入口に到着です。
画像


日も高く昇り、樹についた雪もキラキラと溶けて落ちていきます。
水晶の実がなっているみたいで、とても綺麗だったので何枚も写真を撮りました。
画像

風もなく穏やかな太陽の光。なんか優しい気持ちになれます。
来てよかったなあ。

「廃村八丁の湯」の側でpikkuさんが用意してくれたラーメンで昼ご飯。
暖かいとはいえ雪の上ですから。熱い食べ物が美味しい~。
サッポロ一番とんこつ味ラーメン、初めて食べました
画像


帰りはソトバ峠~衣懸坂経由。
P847までは往きと一転して尾根筋を縫って進みます。
靴が合わないのか運動不足が祟ってか、ぜいぜい息が切れ足取りが重いったらない。
先行者の跡がないのでバージン雪♪
画像
 
たまに先頭を交代して楽しむ。 道はテープがあるのでさほど迷うこともない。

P847到着。
衣懸坂側から上がってダンノ峠にいたる方向に2人分の足跡が残ってます。
今日山に入っている、pikkuさんの知り合いの人らしい。
足跡を逆に辿って坂を下ります。これで道に迷う心配はなくなったので気楽気楽。
ただし、本日一番の悪路。滑らないように細心の注意で進みました。
画像

14時半頃、下山完了。
ちょうど車に戻ったところで、先ほどの足跡の主さんらにバッタリ、ご挨拶を交わしました。
このあとは帰り道沿いの「鞍馬温泉」に。
日帰り客向けに解放されてる風呂は露天メインで、広いんだけど脱衣場も半露天。
冬にはちっと寒いですね。これで1100円は正直チト高いというのが感想。
(休憩室もありません)

このあと京都市内を突っ切り帰阪。大した渋滞もなく意外に早く帰り着けました。
 久しぶりの雪山歩き。豪快にラッセルで汗をかいてみたかったけど
こんな穏やかな日ってのも楽しいもんです。
てるさん、pikkuさんどうもありがとうございました!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

人気blogランキングへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じゅん
2007年02月01日 09:17
写真拝見すると膝下ほど迄あったのですね~
水晶の実がなっているみたいなのは水滴が凍り付いて出来てるのでしょうか?小さな草の穂に付いてるのは見かけた事がありますがこんなに大きな木に付いてるのは初めてです 感動ものでしょうね
ゆうとまま
2007年02月01日 17:50
キラキラの木が、見れて良かったですね
きれいだったんだろうなぁ~

先日子供のトレッキングシューズにアイゼンつけたらやっぱりやわらかいのかな・・・真ん中くらいの留め具のゴムのへんで靴に筋が入ってました。
平気で歩いてましたが、長時間になると靴の中で足にあたって痛いかもしれません。
子供って成長するし、いろいろ悩みます~
shin
2007年02月01日 23:03
>じゅんさん

いえいえ、雪が深かったのはあそこだけで、他は足首程度しか沈まないほど締まった雪でした。
写真のキラキラは、樹に付いた雪が溶けて落ちていく寸前の画です。綺麗でしたよ(^^)v
shin
2007年02月01日 23:06
>ゆうとままさん
アイゼンを付けるのはやはりしっかりした靴がいいですね。足が痛くなるし寒気も染みてきますし。
でも子供って元気だから気にせず楽しむのかな?雪中で元気に遊ぶ姿はやはり見てて気持ちいいですよね。
モグトレ
2007年02月09日 09:01
てるさんのTBから来ました。ダンノ峠に向かった足跡の一人です。
下山して、お会いできたなんて、やはり物好き(失礼)の波長が引き合ったのかもしれませんね。
一昨日はT字尾根から御池台地に這い登ってきました。
やっぱり物好き。
またどこかでお会いできるかもしれませんね。
今後ともよろしくお願い致します。
shin
2007年02月09日 20:06
>モグトレさん

ようこそいらっしゃいました。
人間とは勝手なもので、足跡のないキレイな雪面を歩きたいと願いつつ、楽して帰れるのもまた嬉しいものでして(^^ゞ おかげでずいぶん気楽に歩かせていただきました。
あの坂を登るのはけっこう息切れしませんでしたか?しょっちゅう山に入られているのですね。またどこかで、ぜひお会いできたらと思います。こちらこそよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック

  • 静かな廃村八丁(京都北山)

    Excerpt: 2007年1月28日(日)曇時々晴 今日は3人で廃村八丁へ行きました。 私は3年前の2004年11月に初めて行ったのですが、昔から行きたいと思っていた所です。八丁と言う村だったんですが、昭和8年の.. Weblog: 六甲&色々山歩き racked: 2007-02-01 13:49
  • 廃村八丁スノーハイク

    Excerpt:  京都府北部にある廃村八丁へスノーハイクを楽しんできました。  メンバーはしんさんとpikkuさんの3人。  向かう道中はほとんど雪がなく、これじゃスノーハイクじゃなくてただのハイクになるなぁ.. Weblog: outdoor.site-自然と遊ぼう!ブログのページ- racked: 2007-02-01 23:22