剱岳:早月尾根日帰りcomplete!

無事下山!
下山直後から筋肉痛。久しぶりに完全燃焼できました!

標高差2200mの往復はきつかった~
でも登り5時間ちょい、下り4時間。望外のタイムで完遂できて大満足です。

詳しい内容はまた近日。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たけぱぱ
2007年09月24日 04:57
そんなところを、そんなCTで歩く人はしげぞうさん以外にきいたことがありません。
まー
2007年09月24日 07:24
『試練と憧れ』、いつかは私も行きたいものです。
おめでとうございます!
あき
2007年09月24日 09:09
えらんところをなんちゅうコースタイムで歩くのですか!! さすがというか。。
dahan
2007年09月24日 22:01
「試練と憧れ」ってそういう事だったのか~。
なんぼほど健脚ですねんw
shin
2007年09月25日 00:14
>たけぱぱさん

それが、、、けっこうゴロゴロいますねん(-_-; 実際のとこ。
山に行ける機会が減りました。それは仕方のないことです。でも今回のように記憶に残る山行が出来たことは自らの誇りになりました。僕もまだしばらくは山を楽しめそうです♪
shin
2007年09月25日 00:17
>まーさん

まーさんなら行けます。保証付き。
約1名、「ヤロウばかりでモチが上がらない」的なことをボロっと口走ってた人がいました(^m^)ぜひ来年参加して華を添えてやって下さい。
(って、来年もあるんかー?!)
shin
2007年09月25日 00:18
>あきさん

今回は、「タイムトライアル」という企画でね。参加者は6人でしたが実質「単独行x6人」という前提だったのです。まさに試練と憧れを体現できましたよ。
shin
2007年09月25日 00:23
>dahanさん

拙blogに、以前こんな記事を揚げてまして(^^ゞ
http://shin-tosan.at.webry.info/200610/article_10.html
この頃から心に決めていたルートでした。今回実現できて一つ、宿願を果たすことができました。
「敗退は絶対にしない」それだけ考えて歩いてました。たまーにはこういうマジモードの山行も気が締まります。たまにで充分ですけど(^^;)
じゃねっと
2007年09月26日 07:27
目標達成オメデトウ!いや~~~スゴイっ。
のんびりもいいけど、確かにこういう山行はまた印象深いよね。ワタシも早月尾根行ってみたい~~~(一泊で♪)
じゅん
2007年09月26日 07:30
私も23,24日と二日間ずっと剱を見ながらの立山、大日でした。あの山を前泊日帰りでとは私の頭では想像も出来ません。またお会いする機会がありませたらお話し聞かせてくださ~い♪

ゆうとまま
2007年09月26日 19:31
おめでとうございます。
足の故障から考えると長いようで早い完全復活でしたね♪
そう言う意味でもおめでとうございます^^
大分以前の記事も思い出されました・・
shin
2007年09月27日 00:39
>じゃねっとさん

記憶に残る山行をしたいですよね。
じゃねっとさんには早月尾根コースオススメですよ。カニのタテヨコもないしね(^_-)
shin
2007年09月27日 14:08
>じゅんさん

僕も、我がことながら信じられない気が(^^ゞ
立山におられたのですよね。残念ながら僕らが山頂にいるときは立山はガスの中でした。
電話でも通じたらよかったですが惜しいコトしましたねー。
 またゆっくり、山行自慢の会をいたしましょ。
shin
2007年09月27日 14:10
>ゆうとままさん

節目節目をお見守りいただいてありがとうございますm(__)m足のケガの頃は最悪の想像なんかもしたもんですが、本当に呪縛から逃れたような思いもします。
ケガは恐いです。二度としないよう一歩一歩気をつけてこれからも楽しみたいもんです。

今後とも宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック