大峰・弥山川

関西最難一般ルート、とも書かれている弥山川ルートに行ってきた。
何度も歩いているベテランさんの先導あってのことだが、おかげで噂の垂直梯子・渡渉の連続・クライミングもどきに空中浮遊と、フルコース楽しめた。
 そして、、、疲れた

画像

[日程]2007年9月9日(前夜泊日帰り)
[行程]
 熊渡5:30-6:15白川八丁-8:10一の滝-9:30双門の大滝-11:35河 戸小屋-13:00鎖の梯子-13:30狼平避難小屋14:25-14:50頂仙岳 (ピーク踏まず)-16:25林道終点-16:50熊渡
[参加]4名

どこのHPを見ても「すごいルート」「果てしなく垂直ハシゴが・・・」などと
コワイ事ばっか書いてあるこのコース。
エアリアでも狼平まで全域破線ルート。行く前からドッキドキだった。
幸い土曜日出発なので体調は万全。テンションもあげて、さあいざ!

熊渡の路上に車を駐め、5:30にいざ出発。天気はよさそうだ♪
30分あまり林道を歩き、広い河原の白川八丁に。
しばらく進むと美しい清流。
もう、ここだけで遊んでても楽しいかも~

やがて、最初の鉄ハシゴ(っていうか階段)にさしかかる。いよいよか~。
最初のハシゴは錆びの腐食が進み、今にも朽ち落ちそう。
画像


幸い、ここ以降に登場するハシゴは銀光りした新しいモノ。
安心して足を乗っけられ、ホッとする。
大きな岩がゴロゴロした沢沿いを行く。
めっちゃ川の水が綺麗。あまりに澄んでいるので水と気付かずに
足を置いてしまいそうになる(いやマジ)。
渡渉回数はかなり多い。靴を濡らさずクリアするには工夫が要る。
画像

一般道とはいえ、なかなかハードルが高い。限りなくクライミング。
画像

画像


やがて吊り橋が見え、一の滝に到着。
その豪快な落差に圧倒される。マイナスイオンたっぷりで癒される♪
画像


で。登りはここからが本番。
話に聞いてた「ハシゴ、またハシゴ」の連続。しかも一つ一つが長い。
画像


とはいえ、しっかり鉄杭で固定されたハシゴはとても安定しており、
別に怖いことはない。
これだけの道を整備保守してくれた人々に感謝の念を抱きつつ進む。

登って登って、、、やがて道は下る。
ああっ!なんて勿体ないことを、と思うがやがて双門大滝に達し
この壮大な眺望にしばし歓声!
何という落差。どう撮っても写真に収まりきらなかったのがとても残念。
画像


このあたりまで来ると斜度は一段落。
というか、、、感覚が若干麻痺しているとも言う
ところどころ踏み跡が分からなくなるところもあり、赤テープを探し当てながら進む。コレがなければ初めて来るにはちと難しいかもだ。

画像


やがて再び沢に合流する。ここで中休止。
あまりに水が綺麗なのと汗だくなので耐えきれず、
Tシャツを脱いでジャブジャブと水をかぶり、タオルで拭う。気持ちいいー。
ここで、同じ山サークルの別グループに出会う。
全く同じ行程を行くが、このグループは全員が沢靴装備。
なるほど、そういう手もあったかと感心。
実際この後狼平までは渡渉渡渉の連続で、明らかに沢靴優位だった。

このあとは河原小屋を経て、いよいよ最後のヤマ場に。
画像

これが河原小屋。けっこうキレイ。10人くらいは楽に泊まれそうです。
しかしここから狼平までは意外と長かったなあー

さあ、いよいよ来ました鎖バシゴ。
ややかぶり気味の岩場に、鉄アレイのような桁を繋いだ重厚な鎖。
とっかかりは少しグラグラしますが、まあなんとかなるもんです。
画像


続いては最後の難関? 空中浮遊。
岩場に、鉄杭がガンガン打ち込んであるだけのとこを伝い歩き。
高さ3mくらいしかないので仮に落ちても知れてますが、絵にはなります
画像


けっこうヘロヘロになりつつ、ようやく狼平避難小屋に到着♪
今日の登りはここまででっす。
画像

13時を回ってます。遅い昼メシにようやくありつきました。
小屋脇の沢で、靴と靴下を脱いで足をひたすと、つめたーーーい!
すうっと痛みが引いて楽になりました。
やはり沢沿いの登りって好きだなあ。

あまり時間がないので、1時間ほどで休憩を終え、下山にうつります。
ここからしばらくは一般道。よく踏まれた道は楽チン楽チン。
やがて、道を外れブナの疎林を。
この分岐は知ってないと分からない。
連れてきてもらったから来れる道。
画像


下りは実に快調に♪実質2時間くらいで林道終点まで下山できたのはなによりでした。
もっともそこからダラダラと林道を約30分歩きました。これ堪える


ああああーーー。やっと車が見えました。
やれやれ。無事到着。
今日もよく歩きましたね。でもバリエーション豊かで楽しい行程でした。
ぜひ秋の紅葉も見に来たい、そんなルートでした。

ご一緒いただいた皆さま。どうもありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じゅん
2007年09月18日 10:01
昨年秋 私達は河原小屋で一泊(初避難小屋泊寒かった)して翌日弥山八経ヶ岳ピストンしましたが、皆さん健脚ですね 頂仙岳を巻き尾根筋の下山路は解りにくいですね 下山後の林道は堪えますねぇ~(笑)
shin
2007年09月18日 10:39
>じゅんさん

今回は携帯水分は2L、主食はおにぎり2個とパン、といった風に荷物を絞り18Lのザックにしました。じゅんさんたちは泊まり前提なので荷物が多かったんでは? でも登山道の整備は目に見えて進んでいるようで、足場の悪いところは少なく快適でしたよ。
 行程は長いけど人気も無く、また行きたいルートでした。紅葉したらキレイでしょうねー。
mayumi
2007年09月18日 17:34
写真を楽しく拝見。去年の11月初め行きました。
ほんと、紅葉が素晴らしかったですよ。

朝京都を出たので初日は、河原小屋泊まり。
見知らぬおじさんたちと焚き火を囲んで語りました。

2泊3日で前鬼まで秋の大峰を歩いた素晴らしい山行でした。

また、行きたくなってしまいました・・・
shin
2007年09月19日 10:00
>mayumiさん

ハシゴや鎖がよく整備された割には踏み跡も少なく、静かできれいなルートですね。
また行ってみたくなる気持ち、わかります。
河原小屋の、前の空き地で焚き火をされたんでしょうか。僕らが行った時にも2つほど火跡がありました。満天の空、せせらぐ川の音、、、ああ行きたい♪
kayo
2007年09月19日 23:09
あぁ!
ドイツまで行かずともハシゴが堪能できるルートがあったんですね!
しかも避難小屋超キレ~♪
前鬼まで行けるのも魅力的ですが、今年は行けてもせいぜい1泊かなぁ。
shin
2007年09月20日 12:12
>kayoさん

ドイツまでハシゴ堪能しに行こうとしてました?そんな趣味があるんすかぁ?(^^;;
弥山川を登り詰めて(しかも初日は河原小屋泊)で前鬼まで・・・って冷静に考えたらけっこうな距離のような気がしてきました。mayumiさんスゴイですね。

うちも泊山行は当面無理っす(-_-)

この記事へのトラックバック

  • 双門のだはたたら

    Excerpt: だはたたら、双門コースで轟沈>< Weblog: だは~んの釣りと山 racked: 2007-11-10 09:40