六甲全山縦走に思う


今年も秋の神戸の恒例行事、「六甲山全山縦走」が11月11日(日)に開催されました。
ちょっと不安だった天気予報も無事好転し、当日はまずまずの良い天気

わが山サークルからは、今年も20名以上のメンバーが出場。
悪戦苦闘された方も練習の成果を遺憾なく発揮された方もいたが
無事、「全員無事完走!」 
最後のゴールは午後9時半頃だったという。
スタートが5時頃だから、実に16時間。すげー。

僕はこの日、第2チェックポイントの摩耶山掬星台に応援に行っていた。
画像

えーっと。すいません今回もロープウェイです

相方とユタカ、それに当日になって合流のサークルのお仲間1名。
画像

誰彼なしに笑顔をふりまくユタカ。

ミカンやバナナ、それに山上は冷えるのでお湯を沸かしスープなど差し入れた。
みんなに喜んでもらえ、笑顔でまた出発していった。


画像


この全縦を「山行」としてみればこうした“応援”は過保護なのかも知れない。
応援する側される側の感覚のずれもあり、
数年前にはサークル内でケンケンガクガクの論議もあった。
でも僕自身、4年前に歩いたときのことを今でもハッキリ憶えている。
待っていてくれた仲間たちの声援が心から嬉しかった。
涙が出るほど感動し、絶対にリタイアしないぞと力が湧いた。
 
たぶん。だから。
結局、今年もまたやってきた。
今日「うれしい」と思ってくれた参加メンバーが、次には誰かを応援するだろう。
そうやって、きっとこの想いは続いてく。
 
 今回は僕ら以外にも3カ所で、同様の自発的応援隊がルート上に出たそうだ。
 サークルの最終ゴール者の到着を、他のメンバーが何時間も待って出迎えたそうだ。

なんの得にもならないけれど、なぜか面白い。なぜか心地良い。
六甲全縦は、僕にとって、サークルにとって「お祭り」なのだ。
皆で盛り上がって、1つのことを一緒にやってるイベントだ。

風が吹くと少し肌寒いが、まあまあいい天気だった。
今年も、一も二もなく付き合ってくれた相方には、深く感謝であ~る。

画像

これは毎年の掬星台名物、ホットレモンの無料サービス。
この人たちにも、心からの感謝を捧げたいものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月14日 13:51
shinさん、こんにちは~。
先日は奥様とタイミングが合わず、お会い出来なくて残念でした!!
ユタカくん、いつもながらとっても可愛いですね!(^^)
疲れもこの笑顔で吹っ飛ぶ?!
実は数年前、この体力ゼロに等しい私が縦断にチャレンジしようと会社の階段を登ったり色々したんですが・・・話にならなさすぎて断念(^^;)
でも色々なドラマもあり、助け合いもあり、厳しさもあり、満足感もあり、やり遂げた人にしか味わえない心地よさがあるんでしょうね(^^)
縦断は無理でも、またいつか六甲山気軽に登って見たいです(^^)
じゅん
2007年11月14日 23:07
私はまだまだ縦走は無理なので勝手応援で感動を分けてもらっています そうそう昨年shin燦のカキコを拝見したのがきっかけでした いい出会いを与えていただきありがとうございました
shin
2007年11月15日 00:13
>nyagoさん

ぜひ一度お会いしたいですね。
またこれに懲りずこっちにお戻りの予定があったら知らせてやって下さいね。
 六甲は、、、気軽に歩くのが楽しいですよ(^^)56kmはマゾの領域です(^Q^)
shin
2007年11月15日 00:15
>じゅんさん

こちらこそ思い出深いお付き合い始めでしたね。出場はやはり相当の決断でしょうから、じゅんさんの気が熟すのを気長にお待ちしてますよ~。

この記事へのトラックバック