ほぼ貸し切り♪三十三間山スノーハイク

速報記事を揚げてから日が経つといけませんな。
2月11日(月)の三十三間山スノーハイク、詳細レポです。

当初は2月10日予定でしたが、9日が大雪だったので余波を心配し日程が変わりました。
予定してたメンバーも大幅減。けっきょくいつもの4人、車1台で現地入りです。

[日程] 2008年2月11日(月)
[山域] 三十三間山(1/25000地形図「熊川」)
[行程] 8:20登山口駐車場-8:35林道分岐-8:50最後の水場-9:50夫婦松-11:00「風神」看板-11:40山頂13:20
     14:25最後の水場-14:50登山口駐車場
[参加] 4人

湖西道路も真野で下りて北上。R306から広い側道を経てR27へ。
峠を越えると立派な登山口の看板が目に入ります。
画像


駐車場に到着。バスも止まれる広い駐車場ですが車は他に1台のみ。水洗トイレ有り。

8:25スタート。
しばし平坦な林道を行きます。
画像

正直なとこ、もっと雪あるかと思ったんですが案に相違。ま、標高低いからな。

しばらく歩いて林道から分岐し、徐々に斜面になっていきます。
道行く途中、尾根の上から「キョーンッ」と甲高い鹿の鳴き声。
静かな山に入り込んだ侵入者を見つけて、仲間に注意を呼びかけてるのですね。
なんだか、夜中に泣き出すときのユタカの声に似てるなあ

画像


とはいえ雪はいよいよ少なく、「またスノーシューボッカかよ。。。」の不安が脳裏に。
歩きやすい道を行くうちに、最後の水場。
画像

ついでに一息入れます。


本当はここで渡渉して左手の尾根に取り付くのですが、見落として沢沿いにノボッ照ってしまい道をロストしてしばしウロウロ。
後続の熟年4人グループに追いつかれましたが彼らもこの山はお初。
しばらくキョロキョロした後、無事登山道の表示と踏み跡に行き着き軌道修正できました。

ここから徐々に斜面はきつくなり、積雪が増え始めました。

画像

トレースはどうやら前日のもののようです。ツボ足で1名が往復しただけっぽいですね。

ちょっとひと休み。若狭の海が見渡せます。里山の風景を見て和みますね。
画像


夫婦松(完全に枯れてます)のところまで来ました。
ここで、雪も増えてきたし荷物を軽くしようとスノーシューを装着します。
しかし。 斜面も急で雪質もベシャベシャしてるせいで、正直歩きにくくなって逆効果。
しばらくは試練がつづきます。

次第に雪質がよくなってきました。
ふと気付いたら、行く手にトレースがありません。
どうやら、昨日登った人は稜線尾根に行き着かず撤退したようです。
何て勿体ないことを、、、と思いましたが、昨日は風が強くて大変だったのかもね。
かなり急斜面もあります。先頭は膝下ラッセル&ルートファインド。けっこう堪えます。
画像



ようやく「風神」の看板に行き着きました。これを過ぎれば稜線尾根はすぐそこです。
画像


じゃじゃーん!

画像


誰もいないまっさらさらな雪面バーン。
すげー!!ここだけ山スキーで滑りてぇー!!!

画像


画像


空も青いし。最高の日にあたったようです。やったー
画像


最後、山頂直下50mほどだけはヤブヤブです。
かき分けかき分け、少しでも樹木を傷めないように進みます。
画像


山頂一番乗り。
このあと、熟年4人組と、他に単独さん1名が登ってきましたがすぐ降りてしまったので
山頂に雪のテーブルを作ってゆっくり鍋ランチ+コーヒータイムを楽しみました。
画像

鍋を楽しんでいる最中、何度か反対側の斜面に「ズズズズズ」と低い轟音が。
雪崩、、、ですよね。覗きにはいきませんでしたが不気味な音でした。

下りは、スノーシューの威力を存分に発揮。
ふわふわの雪面なら少々の急斜面も問題なくどしどし降りられます。
登りの半分くらいの時間で下山完了。


あー楽しかった。
やっぱ、山は天気。そして良き仲間。おまけに今日はいい雪と景色にも恵まれました。
大満足♪

このあとは、朽木のてんくう温泉で汗を流し、3連休最終日の渋滞にもめげず帰阪の途に。
皆さん、おつかれさまでしたー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

いるか
2008年02月15日 12:36
う~ん、楽しそう♪
山スキーだと晴れると嬉しいけど雪質が~とか気にしないといけないけど、歩きだとスキーほど気にならなくていいよね。
バーンを見るとやはりうずうずしますか(^^;
山スキーも行こうね!
shin
2008年02月16日 01:01
雪質がいいのはやはり嬉しいですね。スノーシューでも足の抜け方が変わって感じます。
この山は山スキーには向かなさそうです。某藪好きのお方はともかく、僕はちょっと自信ないなー。

ぼちぼち暖気運転もできてきました。山スキー、ご一緒させてくださいな。
春風
2008年02月16日 22:10
お疲れさまでした。
気持ちよかったですね~♪
こうしてみると、やっぱり半そでの方の方が、
ヘンですよね?ね?
shin
2008年02月17日 22:30
>春風さん

おつかれさまでした~。

いや、まあ、、、う~ん。。。。。
だってさあ。
厚手のアウターの下にフリース2枚と長袖着てるってのもねえ。度が過ぎてる気がしてしょーがないんですよねぇ。
 次は発熱飲料かなんか探してみてくださいね(^_-)
てる
2008年02月21日 22:18
天気がいいスノーハイクはシーズンに1回あるかないかで、今回の山行はまさにバッチリでしたね。(^^)v
半袖か十二単か。結局足して割ったらちょうどいいのかもね。(^^ゞ

この記事へのトラックバック