残雪期の野伏ヶ岳

お馴染みメンバーでの山行。
今回は山スキーで毎年賑わう奥美濃の野伏ヶ岳に行くことに。
しかしこの山、山スキー以外ではHP検索しても山行レポがほぼ皆無。
理由は行ってみて思い知ったことでした

[日時]2008年4月29日(火)
[行き先] 野伏ヶ岳(1・25000地形図:願教寺、石徹白、二ノ峰)
[行程]大阪~白山中山神社6:30~ダイレクト尾根取り付き8:20~北尾根合流点10:20~11:30山頂12:30~和田牧場跡15:40~白山中居神社16:50頃
[参加]4人


白山中宮神社は春の風情。
画像

画像

水芭蕉の群生が目に眩しい。


まーーーったく雪のない林道をトコトコ歩き出す。
しばらく行くと、駐車場ですれ違った車が引き返してきた。
林道を相当奥まで進んだものの、雪が出てきたので引き返してきたのだという。
ほほう。やはり雪あるんだ。

林道を、途中からショートカット。ここらから雪が増えてくる。
画像

てるさんのルート先導でしばらく小さなアップダウンを重ねる。
出たのはいきなりダイレクト尾根の取り付きだった。
画像


和田山牧場跡の湿原は帰りに寄ることにし、いよいよ本番の登りに挑む。


うっわ。ヤブ濃いぃ~。

雪がまだ残っているところをなるべく選び高度を稼ぐ。
しかしそれでも、随所に行く手を遮る藪はマジで手強い。
ここの笹藪は、1本1本の太さが鉛筆かそれ以上で、しかもそれに灌木が混じる。
手で払いのけるにも結構力がいるし、身体で強引にねじ込んでいくと弾き戻されそう。
尾根取り付きでは「これなら10時半には山頂かぁ!」と気炎をあげていたのだが
行程進まず、時間がどんどん無情にすぎていく。
春風さんはストックが邪魔そう。ザックにつけるとこが無いようなので僕が預かる。
画像



画像

北側尾根との合流点近くで、本日初めて他の登山者と行き会う。
北側尾根から雪面を伝って登り、今頂上から降りてきたという。
12本爪アイゼンの単独さんだ。
ダイレクト尾根は藪がスゴイよと話すと、また北側尾根へと帰って行った。
彼の話しからすればここから頂上までは雪伝いに歩ける。
気が楽になった。もうひと頑張り!
しかし、その直後の藪が本日一番の手強さだった。
画像


斜度がけっこうあるので、ここまで手ぶらツボ足できたが安全のためピッケルを持つ。
4,5回に一度は沈み込むものの思ったより安定した雪面のため、よく効く。
アイゼンも付けようかと思ったが、以前に某鉄骨女王に聞かされた、
「凍ってなければアイゼンは要らない。6本以下のアイゼンで歩くくらいならツボ足でも行けるはず」
というキビシイ教えを思い出し、ツボ足続行

ほぼ直登ができる雪面歩きはやっぱり快適!残りの標高はみるみる消化されていく!
画像

到着!
山頂はだだ広い雪原で、まったく藪はなく広々とした空間。
画像

360度の景色は眼下に和田山の湿原帯、周囲に白山、荒島岳、薙刀山と実によく見える。
ひとしきり写真撮影を楽しみ、
もう一つのお楽しみのお昼ご飯♪教はカレー鍋を堪能する。
画像

画像


ダイレクト尾根の藪を帰りも漕ぐのはゴメンこうむりたいので
下山は北側尾根を下ることに一決。急斜面を1歩ずつ用心深く降りる。
画像


しかし、他の登山者の踏み跡が全く見あたらない。
みんなどこを登り降りしているのか?!
右に左にと進路を振り目をこらすも徒労。そのうちまた次々現れる藪に悩ませられる。

結局この後、登山者にも踏み跡にも出くわさないまま、
なんとか地形図にある林道に合流することができた。
もはや使用されていない道のようでいたるところで木や枝が突きだし、
途中からは川と化していた。
ところにより、足下の雪の中が川になっているところも。
それでも藪歩きよりは百倍マシ。
画像


びゅん!
足元の藪が一本スゴイ勢いで立ち上がり、右目の真下にカーンとぶち当たった。
あまりの速さに瞬きもできなかったが、もう2cm上なら眼球を直撃しただろう。
危ない危ない。危険はどこにあるか分かったもんじゃない。

往きに取り付いた尾根筋を見ながら、和田山牧場の湿原帯を通過する。
画像

この辺まで来ると雪の量はほんの少しだけど、雪のついた山々を従えた遠景は素晴らしい。
スノーシュー歩きツアーで、ここまで来るのもいいよねえと盛り上がる。

ここからは最後の消化行程で、延々の林道歩き。
石ゴロの地面は、歩き疲れた足裏にけっこう厳しかった。
無事下山の後は、「満天の湯」でゆっくり汗を流し帰阪。
GWの渋滞はこの日まったく見あたらず、快適な道行きだった。

いやー疲れた。よく歩いた。
心地よい疲労と、ピークを踏んでの達成感が格別な、今日の山行でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月06日 11:02
shinさん、こんにちは

あの節は本当にお世話になりました。m(__)m
例年ならもうちょっと雪があるみたなんですが、
こればかりは・・・ですね。
藪と雪と交互に出てきて、ストックの処置に困りました。ザック背負ったまま、ストック付け外しが出来る方法ないかしらん・・

行程は大変でしたが、みなさんのおかげで無事に終え、美しい景色に感嘆符!です!



pikku
2008年05月06日 18:37
shinさんもしんどかったんや(^_-)
と、少し安心。
本当にこの時期ならではの山歩き。充実した山行でした。
次、野伏に行くなら雪のもっと多い時がよいですが、同じような別の所だったら、又ノコノコ行きそうです。
shin
2008年05月09日 16:10
>春さん

GWの雪は、探し求めて遠出しないと難しいすね。あるところにはあるんでしょうけど。
 ストックは、藪漕ぎ時には無用の長物ですね。僕は今回、持ってったけどとうとう使わずじまいに終わってしまいました。

終わってみるとやっぱ「楽しかった」ですね。
shin
2008年05月09日 16:12
>pikkuさん

藪には強いpikkuさんですら
今回は踏みこむのを躊躇する手強さでしたね。
雪のありがたみをしったことでした。
次回は真っ白雪原の野伏にも行きましょね♪

この記事へのトラックバック