北御所登山口~うどんや峠~木曽駒ヶ岳

木曽駒ヶ岳に行ってきた。
7年前、最初で最後の単独テント縦走で訪れたこの山。
しかし、千畳敷までロープウェイで登ってしまったことに、一抹の心残りがあった。
今回ついに。歩いて登る木曽駒を実現♪
画像

[日時]2008年8月2日(土)(前夜発日帰り)
[行き先] 木曽駒ヶ岳(1/25000地形図:木曽駒ヶ岳)
[行程]大阪~菅の台バスセンター-北御所登山口~清水平~うどんや峠~伊那前岳~宝剣山荘
    宝剣岳ピストン、木曽駒ヶ岳ピストンののち千畳敷からロープウェイ下山
[参加]2人


菅の台バスセンター前の駐車場についたのは深夜1時。車の入りは6割くらい?意外と少ない。
とにかく仮眠だ! 4時に起きて5時の始発バスを狙うが既に2,30人待ちの行列。
が、別にロープウェイ始発を争うわけでない身なので平穏。
1台目のバスを見送り、2台目のバスの最前列補助席を首尾よくゲットです。

北御所登山口。5:20スタートです。
歩きはじめはよく整備された林道。あれこれとお喋りしながら進みます。
画像

堰堤があり、川を渡ったらそろそろ登山口が近い。
橋を渡って2,300mほど行くと「蛇腹沢登山口」というプレート発見。これこれ。
画像


ほどよく踏まれた登山道。土の感触がやわらかです。
早朝の澄んだ空気はいいですね。
画像


足取りも軽く。3合目にあたる清水平に到着です。
画像


ここはこのコース唯一の水場。常に水が涸れることはないそうです。

美味しい水をとりあえずゴクゴク。
今日は1.8Lと、僕にしては潤沢なドリンクを担いでますがせっかくなので少し汲みます。
画像


うどんや峠。7:30頃到着。
画像

ここまで、コースタイムの8掛けくらいで来てます。いいペースかな。
うどんや峠にひっかけて、行動食にうどんをいただくことにします。
画像

ついでにおにぎりも1個。これでエネルギーも補充。

6合目の小屋場を過ぎた辺りから、高度も気温も上がって、その分ペースが落ちます。
てるさんは、いつになく足取りが重たげ。
往きの運転を独りでやっていただいたので疲れが溜まってるか?申し訳ないです。
おわびにと、持ってたカーボショッツをひとつ提供。やや効き目があったようでよかったです。
画像


伊那前岳が、見えるんですがこれがまた全然近づいてくれない。。。
画像

ペースがさらに落ちます。
しかし前半の貯金もありますし、高度も上がってるので無理は禁物。
ゆっくり進みます。デジカメのシャッターを押すのもよい気分転換♪

ついに宝剣岳が眼前に姿を現しました!イヤッホー!
画像

足元遥か下には千畳敷のロープウェイ駅が。そして蟻のように小さな観光客も見えます。
この展望!解放感と岩岩した山並み。やっぱアルプスに来たなあって思う瞬間。
画像

もう登りはほとんど無く、そうなると現金なモノで足取りは急に軽くなります。
宝剣山荘に到着。ちょっと休憩のひととき。
画像

ここを起点にと宝剣と木曽駒をそれぞれピストン。
宝剣のピークにいたる岩場は、思ったより人が少なくスンナリ通過できました。
画像

頂上の岩にも、立ってみました。
画像

スゴイ浮遊感というか、周囲全て空!
 この岩は、足場が少し乏しいので、岩登りに自信の無い方はお勧めしません。
降りるときの方が怖いです。足滑らせると3m以上くらい落ちる危険があります。

木曽駒ヶ岳は、宝剣山荘から小一時間かけていった割には、ガスのため展望無し。
そうそうに撤収。戻りは巻き道コースから帰る。
画像

岩場好きにはグッときますね。
看板を見るとビビりますが、雨で濡れてでもない限り実際はそれほど恐いコースではありません。
画像


千畳敷に降りるコースは登る人下る人でやっぱりなぁの混雑ぶり。
画像

普通の観光客っぽい人が多いけど、この人たちは浄土乗越まで登った後どうするのかなあ。
高度が下がると暑い暑い。人の多さも相まって汗がだらだら流れ落ちます。

千畳敷ロープウェイでは、乗車整理券を配ってました。
並んで待たなくていいのはとてもいいシステム。
が、渡された券を見ると乗車予定時刻はなんと2時間後
いま午後2時なのに、4時過ぎまでここで足止めです。恐るべしメジャースポット
文庫本でも持ってきたらよかった。ぼんやりと外で景色を眺めつつただ時を過ごす。これも贅沢か。


やっとの思いで下山。こまくさの湯で汗をサッパリ流し、ソースカツ丼で締めて帰阪しました。
ひっさしぶりのアルプス。久しぶりの夏山気分。
それほど筋肉痛も起きなかったし、僕もまだまだ登れそうだな♪

てるさん、ご一緒していただいてありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

まこちゃん
2008年08月09日 08:42
うどんに、ビール、カツ丼か~、そうそう山登りでしたね。しかし、すっかりしんさんの足も治ったようでよかった。
法香
2008年08月09日 09:34
Shinさんの一週間前に、三ノ沢~宝剣岳を歩いてきました。
囲炉裏のメンバーにたくさん出会いました。(*^_^*)

下りはうどんや峠まで歩いて下りるのかなと思ったら
上りも下りも軟弱な私のためにロープ利用でした。
私が先に整理券を取りに下りて30分待ちでしたが
券なしは3時間待ちでした~。

宝剣岳の岩場では、重いザックを背負っていたのでかなり怖かったです。
いい経験になりました。

ソースカツ丼、食べそこねましたわ(>_<)
木曽駒@遅ればせながら。。。
2008年08月11日 09:52
木曽駒ケ岳にようこそ!!
この日、私は越百~仙涯嶺~南駒の稜線を歩いていました。
こちら側はお昼からガスガスだったのですが、木曽駒ヶ岳は晴れていたのですね。

次回は、2時間のロープウェイ乗車待ちの間に木曽へ下ってきてくださいね。
木曽駒荘でビール冷やして待ってますよ!!
shin
2008年08月11日 13:00
>まこっちゃんさん

れっきとした山登りですよ~(^^)
毎回、無事に歩けたことに安堵+感謝せずにおれないですね。身体は大事にしてこその楽しみだとつくづく思ってます。
shin
2008年08月11日 13:01
>法香さん

誰が軟弱?ご謙遜ですねえ。
岩場の歩きは気を使います。僕らが着いたとき宝剣山荘ではちょうど小屋のスタッフと県警?が電話でヘリ搬送の打合せ真っ最中でした。誰か落ちてケガしたみたいです。
shin
2008年08月11日 13:01
>木曽駒さん

いらっしゃいませ。あの日も歩かれてたんですね。暑かったですね。
関西から来た甲斐のある、美しく雄々しい山容でした。お近くに居られる木曽駒さんはホント羨ましいと歩きながら思ってましたよ。
木曽駒荘にも是非いつかお邪魔させていただきたいですー!

この記事へのトラックバック